iPhoneでできることはたくさんあるのですが、普段使っていく中で誰もがよく目にするのは待ち受け画面です。

スリープモードで暗くなった画面にボタンを触ると、ぱっと画面が出てきます。

この画面は毎日目にするものですから、なるべく見ていて飽きないものにしたいものです。
自分の好きな写真やイラスト、そして俳優等のスナップなどを使っていたりする人も多いですが、これも無料で提供されているものを使ったり、自分で制作したりいろんな事をして待ち受け画面を用意することが出来ます。

各企業でもちょっとしたおまけやサービスに、iPhone用の待ち受け画面を配布してくれていたりする事もあります。

iPhone7の発売日をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

使っていてカスタマイズしやすい所なので、いろいろと遊べる場所でもあります。

iPhone6sのサイズの情報が欲しい方必見です。

他の人の待ち受け画面がどうなっているのかも見せてもらうと、中々面白くて興味が湧いてくるものです。



子供の写真や恋人の写真なども定番ですし、可愛いペットの写真を使っていたりすることもあります。

旅先で気に入った風景などを使っていたりする人もいますので、その人らしいiPhoneになっているのがとても面白いものです。

気になる待ち受け画面ですが、自分で見るだけではなくて人からも見られる部分になりますので、あまり変な画像は使わないほうがいいでしょう。気持ちよく見ている事ができる画像にしておくのが一番です。


その上で、他の日付や日時の表示とも合うような素敵なiPhoneの待ち受け画面を構成してみて下さい。